申請方法

工事が終了した後、住宅エコポインの申請を行います。
申請には、住宅エコポイントの申請書、住宅証明書や工事証明書、契約書のコピーなどの書類が必要です。
書類を揃えて、必要事項を記入の上、専用の窓口へ提出します。
書類の確認を行い、特に問題なければポイントが発行され、希望の商品と交換できるという流れです。
『自分で申請するのは、難しそう』、『手続きの仕方がよく分からない』など、不安であれば工事を行ってくれた業者に代理で手続きをしてもらうこともできます。
住宅エコポイントの対象住宅としては、設備を総合的に見て、省エネ基準に到達している住宅、または木造で作られている住宅です。
また、平成23年以降に着工を開始した住宅が対象です。

リフォームの工事が終了した後、住宅エコポイントの申請ができます。
必要書類は、リフォーム用の住宅エコポイント申請書、工事証明書、契約書、工事した箇所の写真などです。
書類を揃えた後は、新築の手続きと同じように専用の窓口へ提出、書類審査後にポイント発行、商品交換という流れです。
しかし、ポイント申請は、誰でもできるわけではありません。
断熱効果のある窓や屋根、床に変えるためのリフォーム、バリアフリーを取り入れるためのリフォームなどが対象です。
また、断熱効果を得るためのリフォームは、住宅エコポイン事務局にて認められている断熱材を使用していることがポイント申請できる条件です。